サイトマップ HOME 横浜市都筑区ソフトボール協会

ルール
協 会審 判歴 史ルール大 会グラウンドリンク
オフィシャル・ルール試合のマナー
用具競技場投法離塁アウトリエントリー(再出場)タイブレーカーDP(指名選手)
ルールオフィシャル・ルール(抜粋)投 法

<< オフィシャル・ルール(抜粋) >>

● 投法
 野球では投球フォームについて、セットポジション、ワインドアップポジションの他は厳しい規定はない。
 ソフトボールでは投手は打者に対して、野球でいうアンダースローに近い形で投球するが、野球のアンダースローとの違いは、手と手首が必ず体側線を通過しながら球を離さなければならないという点である。

【ウインドミル】
 もっともポピュラーな投げ方で、風車のように腕を大きく1回転させ、その遠心力を利用して投げるため、大きなスピードを得ることができる。腕の回転は1回に制限されており、打者を幻惑させるために何回転も腕を回すことは禁止されている。
 女子の国際的なトップレベルの投手では105〜110km/h を超え、野球に置き換えると150km/hを超えるスピード感を体感するといわれている。

【スリングショット】
 ソフトボールの「原点」ともいえる投げ方で、時計の振り子のように腕を下から振り上げ、その反動を利用して前方に振り戻して投げる投法。ゴムのパチンコ(スリングショット)の動きに似ているのでこう呼ばれている。
 変化球を投げるには不向きであり、ボールの握りが常に打者に晒されてしまうため、現在ではほとんど見られなくなった。




| 用 具 | 競技場 | 投 法 | 離塁アウト | リエントリー(再出場) | タイブレーカー | DP(指名選手) |
| オフィシャル・ルール(抜粋) | 試合のマナー |
Copyright 2010-2013 Tsyzuki Softball Association All rights reserved.