サイトマップ HOME 横浜市都筑区ソフトボール協会

大会
協 会審 判歴 史ルール大 会グラウンドリンク
春季大会秋季大会四区大会過去の成績
大会要項試合日程試合結果
大会秋季大会大会要項

<< 秋季都筑区ソフトボール大会要項 >>


 1. 主  催 : 都筑区ソフトボール協会

 2. 後  援 : 都筑区役所

 3. 期  間 : 令和 2年8月30日(日)以後の日曜日

 4. 会  場 : 都筑区内のグランド使用

 5. 試合方法 :
    1) 登録選手、監督、スコアラー以外ベンチに入れない。
    2) 登録選手、監督は、ナンバー付きのユニフォームを着用する。(一般・壮年・シニア)
    3) 壮年の部は、40歳以上の監督、選手で構成されたチームで、スローピッチルールで行う。
    4) シニアの部は、59歳以上の監督、選手で構成されたチームで、ファーストピッチルール
     (投球距離は13.11m)で行う。
    5) 各チームは、試合可能な人数で、試合開始予定時刻30分前までに集合する。
     但し、棄権などで試合が行われなかった場合、開始時刻を繰り上げて行うこともある。
    6) 一般の部は2部制で行い、1部は4チームのリーグ戦で優勝を競う。なお、試合に引き
     分けありとし、勝敗が同じ場合はリーグ戦における勝者を上位とし、リーグ戦で引き分
     けの場合得失点差で決定する。得失点差も同じ場合は順位決定戦(再試合)で決定する。
     また、2部はトーナメント戦で優勝を競う。
     更に、2部の優勝チームは次季大会の1部に昇格し、1部の4位のチームは次季大会の
     2部降格となり、トーナメントの第1シード(1番)とする。
     尚、初出場と前大会に参加していないチームは2部からとする。
     壮年の部はトーナメント戦で、優勝を競う。
     シニアの部は、参加チームが5チーム以下の場合は変則トーナメント戦で、6チーム又
     は、7チームまでの場合は2つのブロックに分け各ブロックで総当り1回を行い、各ブ
     ロックでの1位勝ち数(同じ勝ち数の場合は直接対決の勝者とし、引き分けの場合は、
     得失点差で決定)のチーム同士で優勝決定戦を行う。
     参加チームが8チーム以上の場合はトーナメント戦で優勝を競う。
    7) 試合時間は一般の部70分、壮年及びシニアの部60分を超えて新しいイニングに入らない。
    8) 一般の2部、3部及び壮年の部(トーナメント戦となった場合のシニアの部)において、
     7回終了又は70分(60分)を経過しても同点の場合は抽選で勝敗を決める。
     但し、決勝戦及び優勝決定戦のみタイブレーカーを2回迄行い、決着がつかない場合は
     抽選で勝敗を決める。
    9) 5回以後7点差以上でコールドゲームとする。
   10) 金属スパイクは認めない。
   11) 捕手はマスク、ヘルメット、レガース、スロートガード、ボディプロテクターを着用する。
     投球練習において別の選手が捕球する場合もマスク、ヘルメットを着用する。

   12) 打者、走者、ベースコーチはヘルメットを着用する。
   13) ユニフォームNo.は、監督:30番、主将:10番、コーチ:31番、32番とし、選手のNo.
     については奇抜な番号でなければ認める。
   14) 壮年の部において「救済措置」として、壮年の部はチームの事情により9人制でもよい。
     但し、ペナルティーとして打順が10人目のとき1アウトとする。
   15) 勝者は試合終了後、次試合のためのグラウンド整備を行う。
   16) 上記以外は2020年のオフィシャルルールを適用する。
   17) 試合前、3分間のフィルディングを行うことができる。
     ただし、状況により時間を短縮したり、中止したりすることがある。
   18) 加盟チームは公認審判資格を複数人届け、その公認審判員によって大会の審判活動に協力す
     る。公認審判員とは、公認審判員の資格を取得し、かつ審判資格更新手続を行っている者を
     いう。ただし、本年の審判資格更新手続を行っていない者であっても、来年の更新手続を行
     うことを条件に、本年度の大会の審判活動を行うことができる。
   19) 加盟チームが届出した公認審判員は、チームとして、年間8日以上(春季:4日以上、
     秋季:4日以上)、大会の審判活動を行う。審判活動の日数は、公認審判員によって、大会
     開催日の終日において大会の審判活動を行ったことでカウントとする。

 6. 表  彰 : 各部とも優勝、準優勝のチームを表彰する。

 7. 事故対策 : 登録チームは保険への加入を義務づける。

 8. そ の 他 :
    1) 本大会の事故等については、主催者はその責めを負わない。
    2) グラウンドでの危険行為(バックネットに指を掛けての観戦など)はやめてください。
    3) ゴミの持ち帰り、喫煙などのマナーを守りましょう。
    4) 乗合いでの台数削減などのご協力をお願いします。
    5) 試合の組合せや次週の試合の有無などについての問い合わせは、一切お断り致します。
    6) 佐江戸公園では、グランド以外でのキャッチボールなどの練習、更に公園一般利用者に
     影響を及ぼす行為(公園通路での打合せ等)を一切禁止します。

     ただし、次に試合を行うチームはファールグランドでの練習を許可します。(2組程度)
    7) 試合決行か中止かは、当日の朝7時に決定しますので、問い合わせはその後にお願いします。
     問合せ先 : 090-3316-5446(岩岡携帯)
    8) コロナウイルス感染拡大防止に関するガイドラインを厳守し、大会を運営します。
     マスクの着用:競技中、主審及び捕手、ベンチにいる競技者は、常時マスクを着用する。
     健康状態の確認:チェックリストで健康状態を確認する。

| 大会要項 | 試合日程 | 試合結果 |
| 春季大会 | 秋季大会 | 四区大会 | 過去の成績 |
Copyright 2010-2013 Tsyzuki Softball Association All rights reserved.